印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


藤枝ライオンズクラブの歴史を知る

先ずは藤枝ライオンズクラブの歴史から・・・
藤枝ライオンズクラプは1961年(昭和36年)8月9日(水)、清水ライオンズクラプのスポンサーにより、結成会(第一同例会)を商工会館で開催する。初代会長は藤枝市長L山口森三。当時の表示は302-E2で日本順位は315。結成会では来賓の国際代表L葛野作太郎、地区デピュティガバナーL山本松市、地区第-ZC L鈴木平一郎、スポンサークラブ清水LC会長 L増田麟三がそれぞれ挨拶し藤枝ライオンズクラフ'の誕生を祝った。

*藤枝ライオンズクラブCN50周年記念誌より引用

なつかしのアルバムや過去の資料から地域の方に藤枝LCを知ってもらう。
そして会員同士の絆を深めよう!

過去を知ることはジェネレーションギャップの解消となる!

藤枝ライオンズクラブは、40歳代から80歳代という大きな年齢差がある会員構成となっています。
この会員同士のジェネレーションギャップが様々なアクティビティを行う上で問題になることもあります。

例えば・・・

若い世代の会員はクラブの歴史を知らずに入会される方もいます。
また、長年地元に尽くしてきた先輩会員には、クラブ員としての誇りや歴史があります。

若手が何かやろうとしても、クラブの歴史を知らないことから、
誤解や曲解が生じ、会員同士の意思疎通が難しくなることもあります。
945234_323121464497314_1750653335_n.jpg
すると歴史を知らないばかりに、行動を起こそうとしても立ち止まって動けなくなってしまうこともあります。
そこで、若手はクラブの歴史を知ることが重要になります。
先輩会員はその歴史を若手に語ることで、なぜ藤枝ライオンズクラブが存在しているのか?
頭ごなしに伝えるのではなく、感情にうったえかける工夫が必要でした。

若い世代の会員は先輩諸氏の活動の原点を知ることで、
クラブの誇りと歴史を念頭に置き活動できる心構えをつくる。
先輩会員は、そんな若手から新しい風を取り込んで、柔軟な思考をできるようにする。

両方を同時に行うことはできないだろうか?

そんなとき、事務局の書棚の置くに眠っていた、アルバムや資料を活用したらどうだろうか?
というアイディアが浮かびました。

過去の出来事を知っている先輩が後輩に語るという新しい試みをはじめてみました。

現在の会員が地元で活動できるのは、過去の先輩方のお陰です。

過去に様々な活動の成果があって、今がある。
その先輩方の努力を忘れてはならない・・・

人は忘れられることを一番嫌うと言います。
私達が過去の先輩方の努力を忘れてしまったら?

私達自身も忘れられてしまうということです。
先輩方の歴史を語り継ぐことが今必要とされることだと考えています。

たしかに節度ごとの活動はありますが、
実際、「過去にこんな活動をしてきた。」

という、細かいことは事務局の書棚の中に埋もれていました。

日の目を見て、私達がそうした活動の一端でも、
語ることが出来れば、既にお亡くなりになっている先輩方も喜ぶのではと思います。

こうした取り組みは、PR・ライオンズ情報委員会の活動となります。

クラブの歴史を内外に伝えることで、地域の方に活動を知ってもらい、
そしてクラブ員同士の絆を深める。

PR・ライオンズ情報委員会では、毎月過去のアルバムをデジタル化する作業を始めました。
歴史の分だけアルバムがあります。

一番古いものは50年以上前のものです。
古いものは既にフィルムがないものもありました。
IMG_0142.JPG (2).jpg
アルバムから直接スキャナに取り込もうとしても、
アルバムに張り付いてはがせないものもありました。

そうした場合、一枚ずつデジカメで撮影したり、
角度を工夫してスキャナで取り込んだりと、
作業になれない素人会員には大変なこともありました。

デジタル化した過去の写真は一枚一枚、
フォトレタッチソフトで加工して出来るだけ見やすいように工夫しました。

更にこれらの画像を、ムービーソフトやパワーポイントを活用して、
動きのあるものに仕上げたり、

フォトムービーには音楽を取り入れたりの工夫もしました。
さて、実際に例会でこのフォトムービーを流してみたのですが・・・
CIMG8425.jpg
新旧会員がワイワイガヤガヤ・・・

「あっ、これうちの親父!」

「あー、この人は藤枝の市長だよ!」

「この頃のライオンズクラブはこんな活動で大変だったんだぞ!」

などなど、先輩方がどんな社会貢献をしたのか、
どんな人達が藤枝ライオンズクラブを支えてきてくださったのか・・・
CIMG8434.jpg
動きのある写真をお互いに見ながら、
プラスの感情が交差しました。
その後、藤枝ライオンズクラブでは、例会後に懇親会を開くことが多くなりました。
なつかしのアルバムを新旧会員でみて、お酒を飲み交わすことで、
全員の絆が深めることができるようになった思います。

このコーナーでは、取り込んだアルバムの一部を公開して、
地域の皆さんにも私達クラブの歴史をみていただき、
クラブ活動を理解していただければと考えています。

CIMG5938.jpgIMG_0141.JPG (2).jpgIMG_0142.JPG (2).jpgaedde.jpgCIMG6457.jpgCIMG6373.jpgCIMG6369.jpgCIMG6416.jpg15.jpgCIMG9366.jpg
CIMG9321.jpgCIMG7691.jpgCIMG7719.jpgCIMG7663.jpgCIMG7738.jpgCIMG7777.jpgCIMG7722.jpg