印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



私たち藤枝ライオンズクラブは、静岡県藤枝市を中心に、「親子里山ハイキング」「献血・献眼運動」「青少年・薬物乱用防止」「震災復興支援」などライオンズクラブ精神「We Serve」を合言葉に地域社会へ奉仕活動を行っている団体です。

PR・ライオンズ情報委員会 担当理事挨拶 

L寺島三郎 

CIMG6489.jpg

委員会のメンバーは、委員長をはじめ小森ライオンも留任し、強力なスタッフでスタートいたします。
藤枝ライオンズクラブの事業内容を他クラブ、キャビネットへ発信することは当然ではありますが、広報紙、ホームページを通じ一般社会、地域住民へ当クラブの例会、社会奉仕活動内容を広報し、ライオンズの存在を理解していただくことが重要な要件と思います。
又ライオンズクラブの存在価値を高めることによって、新会員の獲得につなげることが出来れば最高と思います。
本年一年間、メンバー全員のご協力ご支援をお願い申し上げます。

ライオンズクラブ国際協会は、世界最大の奉仕クラブ組織です。
世界中に46,000を超えるクラブがあり135万人が会員として登録しています。ライオンズは世界中で活動しています。
207を超える国と地域.で地域奉仕に取り組む男女の集まりです。
ライオンズには、ダイナミックな歴史があります。
1917年に創設されたライオンズは、失明と闘う活動で最もよく知られています。それは私たちの歴史であり、現在の取り組みでもあります。
しかし私たちはその他にも、地域における多様な問題に対処するためのボランティア活動を行っています。環境保護、飢餓対策、高齢者や障害者の支援などはその一例です。

地域奉仕事業

ライオンズは積極的に活動します。ライオンズのモットーは「われわれは奉仕する」です。ライオンズは世界規模の奉仕ネットワークを持ち、地域社会のために必要なことには努力を惜しみません。

ライオンズは、視力を提供します。視力スクリーニングの実施、病院や診療所の設備提供、医薬品配給、眼病教育などを行うことにより、ライオンズはすべての人に視力を提供するという使命を果たすべく努力しています。地域における多数の事業と、失明撲滅を目指す国際的プログラム視力ファーストを通じ、ライオンズは視力保護に取り組みます。

ライオンズは青少年を育成します。地域プロジェクトでは奨学金やリクリエーション、メンタリングによる地域の子どもたちや学校への支援を頻繁に行なっています。平和ポスターコンテスト、ユースキャンプ、青少年交換、ライオンズクエストなど、国際的な青少年プログラムも多数行っています。また、レオ・プログラムは青少年のボランティアの機会を通じて個人の育成をはかります。現在世界140カ国以上にある5,700のレオクラブで、144,000人のレオ会員が活動をしています。

ライオンズは交付金を承認します。1968年以来、ライオンズクラブ国際財団(LCIF)は7億ドル以上の資金を交付し、世界中のライオンズの人道的な地域奉仕事業を支援してきました。財団とライオンズは共に力を合わせ、自然災害の被災地に食糧、水、衣類、医療品などの緊急支援物資を提供しているほか、長期的な復興作業にも協力しています。

上記の文章は以下のLions club international より引用しました。
http://www.lionsclubs.org/JA/

daead.jpg



ライオンズクラブって知っていますか?私達の活動についてご説明します。

藤枝ライオンズクラブの会長がクラブの基本方針を説明します。動画もこちらからご覧頂けます。

藤枝ライオンズクラブの年間の例会及び活動予定はこちらからごご覧頂けます。